わたしたち”いもむし”は、認定NPO法人として、
知的障がい者・高齢者の方々の地域活動を支援しています。

logo

いもむし便り

home

組織概要・活動内容

いもむしログ

支援のお願い

お問い合せ

リンク集

「ぽむ」

                           いもむし

                                               理事長 吉田 登美子

                                                    平成27414

               1 蝶々は 虫とはっぱと 書いて読む
                    はっぱを食べて 大きく育つ

               2 いもむしの 葉っぱは皆の 善意なり
                      食べて食べてや 大きく育つ

               3 慈悲心 集いて想う いもむしの
                    蝶になる日を 指折り数え

       
        以上3題の短歌は私の想い「いもむし」インパクトが強く皆様にすぐ覚えてもらい、「汚い名前だね〜」などと言
      われる前に「オヤ、何だろう」と皆さんに関心をもっていただけ、嬉しい事が有ります。たとえば、基金を応募した
      時、何をしているのと感心をもって下さり、応募原稿を読んで、「いもむし」の趣旨、想いに賛同して下さる財団、
      公益法人様から支援を沢山戴いております。一番大きな出来事は「認定
NPO法人」を認定して頂く為に書類を提出た
      際、国税庁の方2人が調査に来られた、第一声は「いもむし」という名称に驚き、なんだろうと思い書類を見ました。
      全国から沢山の応募がありますが「いもむし」なんて名前は聞いたことが無い皆さん、綺麗な美しい夢の有る名前の
      中にインパクトのある名前に皆、関心を持ったとの事、「日々夢を持ち、今は苦しく誰にも好かれないが、何時かき
      っと蝶に成り大空を飛びたい、飛ばせたいと心ひとつに、して支援している姿に感動した」と調査に来られた方々が
      益々感動しました。上司に報告します。きっと認定が取れるでしょう。と褒めて下さりそれから2か月後平成22年11
     月1
日〜平成27年10月14日までの5年間速いものですね今年の10月31日で期限が切れますが、もう5年間延ばして頂け
      るように、職員一同夢の有る支援と地域の皆様の温かい支援に支えられ5年間歩んでまいりました。蝶に成り飛び立
      って行けた人が3人一般就労で頑張っております。

     私の想いは障がいが有ろうがなかろうが、人間として自立して生きる。自立とはなんだろう?一般就労が出来たから
     自立?一人暮らしが出来るから自立?それも有りでしょうが、それだけでは、有りません重い障がいを持っていても親
     から巣立ち沢山の人々に支援して頂き暮らす、ハンデーをもって居る人は、完全自立は無理でも、公平な立場に立ち親
     から離れて暮らすそれが、自立だと思います。私の息子は区分5ですが、24時間大勢の人の支援、行政の支援を受け
     ながら親から離れて暮らしております。いろいろな生き方が有ります。その人に合った暮らし。どこでどんな暮らしを
     しても、楽しくその人らしく暮らせれば良いのだと思います。自立ってなんだろう、皆さんも考えてみて下さい。長い
     間工事中ですみませんでした